特殊車両

キャンピングカー

一番見かける機会の多い、特殊な車と言えば、キャンピングカーでしょう。

キャンピングカーにも色々な種類があります。
最近になるとなんと軽自動車タイプのキャンピングカーも販売されているようです。

 

アウトドアの好きな人に人気になっているようです。
もちろん、車種や機能によって金額も大きく変わります。
普通車タイプのキャンピングカーになると、ほとんどの場合、シャワー、トイレ、キッチンがついており、その中で数日間生活することが可能です。

 

キッチンがガスタイプか電気タイプかなども車種によって異なります。
もちろん、寝室も確保されています。
天井部が開くキャンピングカーが多く、そこで寝ることも可能です。

 

中には、キャンピングカーで日本一周!などといった旅をしている人もいるようです。
アウトドア好きな方にはたまらない車かも知れません。

 

キャンピングカーは中古車でも多数販売されています。
新車の場合、結構いいお値段になることが多いので、中古車でキャンピングカーを買う人も多いようです。

 

移動販売車

特殊な車として、移動販売の車も上げることが出来ます。
クレープやサンドイッチ、焼き鳥にたこ焼き、ラーメンなどたくさんの移動販売車を見つけることが出来ます。

 

もちろん、こういった車は普通のカーショップにはおいていません。
大体が、もともとある車を改造して作られています。
こういった移動販売車を専門に扱っている会社もあるくらいです。
金額も車種によってまちまちです。
中には冷蔵庫も併設しているような移動販売車もあるようです。

 

割と作るのに応用が利くため、今までになかったような移動販売車が急に世に出回ることも珍しいことではありません。

 

移動販売車はそこまで見かける機会はないかも知れませんが、日本にもたくさんあります。
調べてみると、移動販売車の中にもちょっと珍しい車を発見しましたのでご紹介したいと思います。

 

まずはパスタ販売車。
車の中でパスタを作る機能の備わった販売車です。
乾麺の製造の出来る装置がついている車もあるんだとか…。

 

もうひとつは、トルコの郷土料理ケバブの販売車です。
大きな肉が串に刺さり回転しており、その周りを特殊なオーブンが囲んで肉を焼きます。
夏場はかなり暑そうですが、とっても面白い作りをした移動販売車でした。

 

福祉車両

車の中には、体の不自由な人のためにある福祉車両と呼ばれるものがあります。
この福祉車両、軽自動車に普通自動車、大型車にバスなどいろいろな車に活用されています。

 

介護や福祉の現場でお仕事をなさっている人は見たことがあると思います。
例えば、車いすの方がそのままリア部分から車いすごと乗車できるような軽自動車もあります。

 

今までは、車いすのひとは、わざわざ車椅子から降りて車に乗車しなければなりませんでした。
その時に転倒して骨折をするといった人が後を絶ちませんでした。
そこで開発されたのがこの福祉車両です。

 

病院、高齢者施設でもたくさん導入されており、体の不自由な方の生活をサポートしています。

 

これから先、高齢化社会がますます加速していきます。
このような福祉車両はもっと進化していくかもしれません。
体の不自由な方の乗りやすい車は、健常者にとっても載りやすい車です。

 

これから先、どういった福祉車両が開発されるのかも注目するところになるかもしれません。
福祉機器展のフェアなどに行くと、最新の福祉車両が見れるようです。
お時間のある方がいたら、ちょっと覗いてみるのも面白いかも知れません。

 

家に体の不自由な方がいる家庭にも、この福祉車両はオススメです。

 

車 査定
生活環境によって車は乗り替えます。もし家庭内で介護が必要になれば福祉車両も検討することになります。
そうしたときに今乗っている車は売ることになりますが、売値というのは気になるところです。
自分の車はいくらになるのか?車の査定に関して詳しく解説しているサイトです。

訪問入浴車

介護サービスの中で使われているのが、訪問入浴車と呼ばれる車です。
見たことがあるという人は、介護、福祉関連のお仕事をしている人ではないでしょうか?
この訪問入浴車のすごいところは、車にボイラーと水のタンクと特殊な浴槽が積んであるところです。

 

車の中での入浴ではなく、その特殊な浴槽を家の中に持ち込んで、ベッドの隣でお風呂に入ることが出来ます。

 

自分でお風呂に入れない重症の人がこういったサービスを利用するようです。
訪問入浴車に利用されるのは、バネットかボンゴである場合が多いようです。
街中で煙突のついているバネットかボンゴを見つけたら、かなりの高確率で訪問入浴車と言えます。

 

そういえば、かつての大震災の際にも、この訪問入浴車は活躍したそうです。
家を追われ、施設も流された土地の人に、こういった訪問入浴車が役に立ったようです。
燃料はガソリン、ボイラーは灯油で稼働します。

 

そのため、かなりの重量になるようです。
訪問入浴車が事故を起こしてしまうと、ボイラーに引火する危険性もあるので消防車なども駆けつけるようです。

 

こういった特殊な車もあります。
他にも色々な車がありますので順次紹介していきたいと思います。